media dispatch

美容、健康、趣味など日常を通して発信します

キノコのこのこ美容のこ

つい最近、鍋をしたいなーと思い、友達とスーパーに行った時のお話🍲

友達が白菜が好きとのことで、とりあえず白菜、豆腐、豚肉、ウインナーをカゴに入れ、他何にするか悩んでいると大好きなキノコを発見🍄🍄

エリンギとマイタケをカゴに追加し、鍋のもとを買いお家に帰宅!

二人して美味しく食べた後、残ったお汁などは炊き込みご飯をつくる時に使いました😋

この時期の鍋って最高ですよね!!

今日は鍋の季節到来!ってこともあり食べても美味しい、美容や健康に良いキノコをみていきます。

 

キノコ

キノコは菌類であり、東洋医学では生薬の一つとして昔から薬の代わりとして食べられてきた栄養価が高い食材です。

主なキノコの栄養素

キノコに含まれる主な栄養素としては、食物繊維、ビタミン、カリウム、βグルカンです。

食物繊維

ほとんどのキノコに含まれる栄養素が食物繊維。

キノコの多くの食物繊維は不溶性であり、糖の吸収を調整し血糖値が急に上がるのを抑えてくれます。また、腸内の環境をよくする効果があるため便秘や痔の改善にも期待できます。

ビタミン

ビタミンの中でも一番注目したいのが、聞いたことのあるキノコにはほとんど含まれているビタミンD

ビタミンDは、骨や軟骨の成長・形成する効果やカルシウムの吸収を促進させる効果があるので健康な骨をつくるサポートをしてくれます。

また、免疫力を向上させる効果もあるため、感染症や風邪・インフルエンザ予防にも期待できます。

カリウム

カリウムもほとんどのキノコに含まれてる栄養素です。

カリウムは、臓器や筋肉の機能を調節するなどの重要な働きがあります。

カリウムが不足してしまうと、筋力の低下や脱力感、食欲の低下、骨格筋の麻痺など重大なリスクへとつながってしまいます。

βグルカン(ベータグルカン)

マイタケ、エリンギ、シメジ、ひらたけ、シイタケ、エノキ、生どんこなどに多く含まれる栄養素がβグルカンです。

βグルカンは、血糖値やコレステロールの急激な上昇を防いでくれるとともに、腸内の整腸効果もあります。

また、肌環境を整える効果、免疫力を向上させる効果やがんを予防する効果もあり美容面や医学面でも注目をされている成分です。

キノコと美容!

キノコと美容の関係として主に「ダイエット効果」と「美肌効果」があげられます。

ダイエット効果

多くのキノコに含まれる食物繊維は、腸内のコレステロールや脂質を便と一緒に排出する効果、食物繊維はお腹にたまりやすく満腹感もあるためにダイエット効果があります。

また、キノコは低カロリーで満腹感も得られるために食べ過ぎても安心できるダイエット食なのです😌

 

【国産】ぼたん胡椒なめ茸 170g×2袋セットえのき茸 えのきなめ茸 健康 送料無料 ダイエット ギフト プレゼント お歳暮 御歳暮 プチギフト お茶 内祝い 2022 早割

美肌効果

美肌つくりに欠かせないのが腸内環境です。

キノコに多く含まれている食物繊維は、整腸効果があり老廃物を排出し栄養素を効率よく吸収し、あらゆる肌トラブルを改善してくれます。

また、代謝を整えるのも美肌つくりには欠かせません。

キノコに多く含まれるビタミンB群には、代謝を促進させて皮膚や髪、爪などの形成をサポートするビタミンB2、血液の循環を良くするビタミンB3、細胞の生成をサポートするビタミンB9などの成分があります。

βグルカンの驚きの効果

それだけではなく、キノコに含まれるβグルカンには優れた保湿力、コラーゲンの生成を促進しハリのある肌に導いてくれる効果があります。

βグルカンの優れた保湿力はヒアルロン酸の2倍以上とされていて、スキンケアで注目されています。

・βグルカン配合スキンケア石鹸!

 

キノコと健康

キノコと健康の関係として主に、「ガン予防」、「血圧の改善」、「免疫力の向上」、「疲労回復効果」、「便秘の解消」、「骨粗鬆症の予防」などがあります。

その中でも注目されている効果として「免疫力の向上」と「疲労回復効果」について解説していきます😲

免疫力の向上

キノコに多く含まれるビタミンDやβグルカンには、免疫力を高めてウイルスや細菌などに抵抗する力を高める効果があります。

また、βグルカンには免疫力のもととなるマクロファージやナチュラルキラー細胞などの働きを高め、免疫力に重要なインターフェロンの生成を促進させる働きがあります。

免疫力の向上は、ガン予防や生活習慣病の改善にもつながるため重要な役割があります。

疲労回復効果

キノコに多く含まれるビタミンB群やGABA、オルニチンは疲労回復効果があるとされ注目されています。

オルニチンは、肝臓にも良いので二日酔い対策にもいいですよ🍺

[意外と知らない]栄養価を考えたキノコの調理法のコツ!

  1. 洗わない
    キノコを水洗いしてしまうとキノコ本来の風味が落ちてしまうため、できるだけ水洗いは避けましょう。汚れが気になる場合は濡らしたキッチンペーパーなどで軽く拭くといいでしょう!
  2. カルシウムを含んだ食材と一緒に食べる
    キノコに多く含まれているビタミンDには、カルシウムの吸収を促進させる効果があるために、カルシウムを一緒に取ることで効率よく栄養が吸収されます。
    例えば、牛乳(カルシウム)とキノコ(ビタミンD)を使ったグラタンやクリームシチュー天津飯もいいですよね~🤤
  3. 30分でもいいから天日干しにする
    シイタケなどのキノコは、紫外線に当たるとビタミンDに変わるエスゴステロールという成分を豊富に含んでいるためビタミンD(骨や軟骨の形成、免疫力の向上)を意識してキノコを食べる場合は覚えておくといいでしょう!
    また、天日干しをすると、うまみ成分が増えるのも嬉しいところです。
    干しシイタケを使ったいつでも簡単炊き込みご飯など!!
    私の家では、ぬか漬けに干しシイタケを入れることで、ぬか床内の増えた水分を吸収してくれるので便利です!
    水分を取ったシイタケは、チャーハンや中華スープなどにも切って使えるので役に立っています😘
  4. マイタケと肉を一緒に調理しよう
    マイタケには、マイタケプロテアーゼというたんぱく質の分解酵素が含まれているために、固い肉でも繊維を壊しうま味が全体に広がるといった嬉しい効果があります。
    豚肉とマイタケのホイル焼き豚バラとマイタケのポン酢炒めなどおすすめ。

 

あらゆる健康や美容効果を持つだけでなく、二日酔いにも効くキノコ!
日本には色々なキノコがあり低カロリーなので、バランスよく沢山食べたいですね😋